Lether works KOJI

手縫い鞄・バック、小物、長材布、セミオーダー・フルオーダー

HOME»  表地、裏地、カラーサンプル

 表地、裏地、カラーサンプル

※ 革の特性上、下記の写真と全く同じ色合いということはございません。参考程度にご覧ください。

 

ブッテーロ

  ブッテーロとは、イタリア中部フィレンツェ近郊のサンタクローチェ地方にある、ワルピエ社という家族経営の小さなタンナーで作られています。ブッテーロはイタリア語で牛飼いを意味し、きめ細やかな表面の美しさと、発色の良さが人気で世界でも有数の革のブランドです。

  100%植物性のタンニンでなめしたこの革は、使い込むうちに深みを増す独特の味わい、そしてトラと言われる首のシワ模様が見られる特徴があります。革を仕立てる際のなめす行程作業は極めて長く複雑ですが、なめされた後の仕上がり具合は正に『イタリアの至宝』ともいえる技術です。

 お取り扱い上、傷つきやすい革だという点で、丁寧に扱っていただくことをおすすめ致します。ただその分、大事に扱っていただければ深い色えと変わっていく経年変化を楽しんで頂けると思います。

グリーン キャメル チョコ ブラック

ミネルバボックス

  ミネルバボックスはイタリアのフィレンツェ市サン・ミニアト地区の小さな村にあるBADALASSI  CARURO(バタラッシカルロ)社が製造しています。

  バタラッシカルロ社ではフィレンツェ伝統の革作り製法である『バケッタ製法』で革作りをしています。バケッタとは、植物性タンニンで鞣した牛革に牛脚油でたっぷりと時間をかけて加脂する製法です、脂が浸透しにくく時間もかかるのですが、その行程をへて出来上がったこの革は使い込んだ時に独特の色艶がでることと、一旦加脂したオイルが抜けにくいという特徴があります。

  革の表面に加工を大きく施している訳ではないので、キズがつきやすい部類の革になりますが、しかし革自体に脂が十分に含まれているため、多少の爪キズであれば指で揉み込む様にして頂きますと目立ちにくくなります。

コニャック カスターニョ ブラック

 

ブライドルレザー

  ブライドルレザーとは牛革をなナチュラル・タンニンなめし(皮から革への加工方法のひとつ)でなめされ、蜜ロウ、タロウ、植物性油などの ワックス(簡単に言うとロウソクのロウみたいなもの)を最終段階でアイロンや手などで革の表面に塗り込んだもろです。また、ナチュラルのタンニンなめしは有害物質を使っていないので環境にやさいしいなめし方です。このブライドルレザーを作るには、長い物では1年半もの期間が掛かり、皮革自体も非常に貴重(ブライドルレザー伝統のタンナーでしか良いものは作れません)なもので、郡をぬいた価格で取引されています。(一部、混合なめしされている場合があります。)

  ブライドルレザー特有の革の表面に浮いている白い粉は、Bloom(ブルーム)と呼ばれる蜜ロウ、タロー植物性油などのワックスです。Bloomは、ご使用していただいてる間に自然に取れていく使用方法が革にとって一番良い方法だと思いますが、Bloomが気になる方は柔らかい布やブラシできれいに拭き取ってご使用ください。

バーガンディー グリーン ハバナ

 

ピッグスキン

  豚革は、唯一国産で供給を賄える革で、通気性 耐摩耗性に優れ三つの毛穴の後が特徴のある革です

 

レッド イエロー セピア

 

   ー ー ー ー ー ー ー ー ー ー ー ー ー ー ー ー ー ー ー ー 

 

   ピッグスキン(艶無し)

 

 

レッド イエロー